サパの景色は映画の様に

  • 2011.06.10 Friday
  • 19:38
 ラオカイ駅で 隣のオーストラリアの女の子達には別れを告げて
ホテルの車を頼んでいたので それで サパのホテルまで移動。

今度いく時は ローカルバスでの移動はもう出来るだろう。
ちと 今回は軟弱な旅をしてしまったな。
でも、やはり体は 年々歳を取るので 昔のような 無謀な旅は 体が出来なくなりましたよ。

車からみる景色は まるで ヨーロッパの山岳地帯のような美しさで。



山の傾斜に会わせて まるで 宇宙の芸術のように 美しい曲線の 段々畑

こんなにも 設計図もひかないで 美しくできるのは なにか
神業の様に感じれました。

サパの街に入る前から もう モン族の人が 歩いてるのをみて 心の中は
わくわく!!

今日は この綺麗な まずは サパの景色から。。。。


ホテルは バンブーサパホテル 
丁度 この街の外れに位置して 部屋の窓からの景色は まるで スクリーンをみてるかのような美しく 変化していく姿を みれました。


   (部屋の窓から ベットに寝そべりながら見える景色  )

そして この街では山の中を歩くので 浴槽がある部屋は私たちには絶対条件で探したのです。 (実際 肉体疲労で動けない日がありましたが。。。浴槽のおかげでずいぶん違ったと)

チェックインは早朝についたので 2時頃まで 荷物を置いて 散策しに出かけました。
朝ご飯も食べてないし。

何はともあれ どちらかが疲れて元気がひゅーーーーと なくなると

「美味しいもの食べて 元気になろう!!」 って 声をかけて  食べたのは 屋台の 焼き芋!!


これまた うまい



 (サパについての 始めての朝食 フォー)


私には相当きつい 体の疲労の旅でしたが なんとか なんとか 乗り切れましたよ。


ハノイ 〜 バッチャン 〜 サパ まできて 街はそれぞれ 食材も違うし
生きてる人の 表情も違う。

なにか?
そこの気候や歴史の中での環境がそうさせるのだろうって 思いながら

人の表情をみていた。


アジアの国は好きで 色んな国にいったが  人の笑顔の優しさは バリ島が 何とも言えぬ 柔らかさがあり
きっと、戦争がなくきた 街 なんだな。。。

そして サパは 英語もベトナム語も通じない それぞれの民族の言葉での中でやり取りで
ベトナム戦争のときにも巻き込まれた土地。
そのなかで 考え生き抜いてきてる民族が いくつも 生活してる
まあ ここは小さな 街で 日本で言えば 小さな軽井沢?

山の中から 村から この街に それぞれの村で作った 藍染めのものや 細かく刺繍したものを 売りにきてるのだ。
そう 毎日 毎日 この山道を 歩いて 背中に荷物をしょって。

到底 今の日本に住む現代人には出来ない技です。
山道を何時間も歩くと言うことは。

山岳地帯で 観光客もきて 気候もよく過ごしてるゲストの姿
そして この村で生き抜く人の姿

今回の旅の目的は この山奥に入って そこで生活してる人の写真を撮りたいという思いだった。一番のネックは そこまで入って歩いていくのに 背中にカメラしょって
何時間も山道を歩くのが さあ 体が持つのか? という不安だけだった。

言葉が通じないのは なぜだか ほとんど きにならづ
自分の体力との戦いだけが きにしており 夜も早く休んでとにかく 体を休めて
無理しないって !!


しっかし、 400円の入場料が 高く感じすぎて そんな場所には入れなく 引き返してくるという有様。。。

金銭感覚が思い切り ベトナムになって 400円が 高すぎる。。。

何はともあれ 2日間は 本当に青空の晴天で 気持ちのよいくらいの陽気でした。

霧の中の サパも体験しましたが これはこれで 幻想的で

趣があるのだ。


まあ、とにかく サパの宿にしたホテルは 本当に色々サポートしてくれて

旅が十分 楽しめるものになったのだ。

さあ、続きはまた次に!!


JUGEMテーマ:旅行



コメント
tetsueouさん
今の環境とは違う所に 旅に出るのは たまには大事なことですね。
刺激もあり 緊張もあり まあ 新しい所だと 癒しにはなりませんが 
人生にこんな 旅も面白いものです。
  • haku
  • 2011/06/13 11:02 PM
まーさん

今まで色んな国を旅してきましたが 大学のときに一人でnzとオーストラリア ヒッチハイクしたときと同じくらい 冒険も出来て 面白いたびになりました、共に旅をしてくれた人に感謝です。
  • haku
  • 2011/06/13 11:00 PM
異国での寝台列車の旅、
そして辿り着いた山の中の静かな街、
そんな素敵な体験をされると、
hakuさんの感性が一段と磨かれますね〜。
私もどこか非日常的な別世界に
旅立ってみたい衝動に駆られます。
なんか、面白い〜というか、新鮮な〜というか、世界が広がる〜というか・・
そんな貴重な体験をしてこられたのですね。
海外はもう久しーく行ってないですが、
なんかhakuさんの今回の旅日記、読んで観ているだけでも
そんな感じ伝わってきて、
いい刺激になりますぅ。
  • ま〜
  • 2011/06/12 5:53 AM
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

手書き文字

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM