再会の嵐 in 熊本

  • 2012.08.05 Sunday
  • 18:18

JUGEMテーマ:写真
  私にとっては 国内の長い旅。。。。

実家に帰っても こんだけいないのにね。




考えてみれば 18歳で大学のためとはいえ家を離れて ほとんど帰らなかったのは

それなりの自分のなかの理由があったことを 今回は再認識した。

さて、熊本では 通りすがりにイベントしていた 篠山紀信の 「写真力」という 写真展に

いってみた。

その時代 その時代の人を撮り 中には 光ってる。。。 って感じるものもあり

アートも感じながら 再会した人は 埼玉にいる頃 ずっと仕事のパートナーで仲間だった

友にあってきた。



今は 熊本の水俣で お茶の農園の奥さんになって

http://0media.finito.fc2.com/amanocyaya.html  (天の製茶園)

 そこで彼女が 今までの彼女で

生活してるのを見て 安心。。。



熊本に引っ越して もう会えないかな? なんて思っていたが 

あえて 嬉しかったです。。。。

なにより お互い幸せに生きてるのが それがいい。。。

そんな姿を見れるだけで安心してこれた

ここのお茶農園は ずっと無農薬で作られて 最近は 東京の老舗 「とらや」の羊羹

の紅茶味に 使われている。

食べてみましたが これは 甘党じゃない私でも いける。。。。

ちゃんと羊羹と 紅茶の香りがバランスとれて これならお使い物にいけるな。。。

って感動の味




そして 後半にあったのは 大学を出て一度も会ってなかった 同級生のk君

お互い 分かるかな?????って感じだったけど

もうあったら すぐに 分かった。

このK君は 熊本でこれまた みかん農園をしている。

会ってない空白の30年近く あった瞬間にワープして学生時代に戻った。

お互いに姿は 脂肪がついたり 白髪だったり 変化があるが なによりも

その人の仕草って言うのは 変化がない。

特に彼の場合は 運転の仕方が 学生時代となんか変わらなく 車の助手席に乗ってると

あの頃 よく千葉の海までさぼっていってたのを思い出す。


同じ大学に来ていた仲間たちは みんな有望な農家の跡取りだったみたいで 今では

見事な作物 果樹 花を作っている

誇りに思うくらいだ。本当に 皆さん すばらしい人が喜ぶようなものを作っている



そんな 30年も会ってない仲間と 空港で最後は 「泣くなよ。。。」と言われながら

泣いて 私は熊本の空を後にした。

今まで 海外にばかり意識と目がいっていた私にとって こんなにも日本の良いところ

まだ、うまく言葉にできないものを感じて 帰ってきた


ぜひとも また熊本 そして 屋久島や 長崎の五島列島など 足を運んでみたくなった。


熊本市内で美味しかった 焼き鳥屋さんを書いておこう。
マニアックな店だが 値段と味では 5星!!  

「和尚」おしょう という店だ





(iPhoneより)
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

手書き文字

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM