園蔵寺 福満虚空蔵菩薩に惹かれて

  • 2012.11.13 Tuesday
  • 13:40
JUGEMテーマ:写真
  昨日も書いたが 紅葉をサイトで検索していて私の心に何故か

ここが どうしても気になった。

まるで行ったこともない地 以前から会津はゆっくり行きたいとは思っていたが

こんなにも一日で行って 撮影して その日に運転して帰るなんて思ってもみなかった。。。




関東は晴れていても ここに来たら雨

途中で虹が見れたり 面白いと心はわくわく。。。。

早朝ついたが この写真の場所が 何処なのか? 行ってみても分からない。。。

そう、全く始めてで

カメラをもってるお兄さんが 優しく教えてくれた。私は相方がいることも忘れ 一目散に

この場所へと。。。。

彼は私が 何を急いでるのか? 分からなかっただろう。。。

だって この絵は言葉で説明できないし。。。。


雨に早朝で 人は誰もいなく 

あーーーーー 本当に 500キロ運転してきて良かった。。。。。。


あーーーーー、この雨に濡れる木の香り 色 光 これにあいたかったんだ

まるで 恋してる感じかな?

恋人に会いにいく時って こんな気持だなって思った。


見つけるまで 早足でドキドキして




こういう場所は 三脚がつかえづ 手持ちで頑張るしかない


山形といい 本当に 雨に出逢える。

以前は雨って 好きじゃなかったけど 今では 雨は雨のよさがある。

自然のままに 感じたいと そう思うのだ。


他にも綺麗な場所はあったのだが 私はここから 立ち去ることが出来なく

それを見ていた 他のカメラマンの人がさすがに声をかけてきた

「ここから 動けないんでしょう???」

「はい」って。。。。。

私の撮影は 色んな体制で撮るので その時は夢中で気がつかないが 後になって

腰や背中に痛みが。。。。。




こんな 紅の色に包まれる ほんのひと時

日本には四季があるから こういう味わいが楽しめる

なんでも そこだけにいるとそこのよさって 感じるのは難しいものだ。

今 自分の環境の周りにあるものを あるがままに受け入れて その良さを感じてみる

日頃 とても大事に気をつけていることだ。

当たり前にあるものを ありがたく。。。。。

そんなときに かならづ そのものの良さと デメリットと両方が浮かぶ。。。

この紅葉も 東北の寒い雪が深い時期があるからだ。 果物が美味しいのも こういう

寒暖の差が多き良いからだ。

でも、住んでる人にとって 冬の厳しさは計り知れないものだろう。


だからこそ この瞬間の美しさという 大きな自然の贈り物

それを感じていたい
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

手書き文字

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM