華道というもの

  • 2014.05.13 Tuesday
  • 16:42


JUGEMテーマ:写真
  私を昔から知っている方でも

きっと知らないことがあるのだが

華道の師範は実は高校生のときにはすでにもっていた

そう、はじめのきっかけは

小学校がバスで通うようなところへ

家が引っ越したので

帰宅しても遊ぶ友がいない

そんな時 家の前にあったのが華道の先生の家

男の先生で 今では 流派の一番おえらい人になられてるが

私は小学校の頃から ここに通い

先生について 山に入って 色んな草木を取ってきては

色んな発想でいけていた

これまでの人生で よく娘にも これを仕事でしないの?

って言われたことも何度もある

その頃の私は まったく そんな気持もわかず

しないよ。。。って答えていた

でも、今50歳を過ぎて思えるのは

まずは 習いにいかせてくれていた親に感謝

そして 練習日でもないのに毎日のように

生け花に触れる機会を作ってくれた師匠に感謝

それも花屋さんから準備された花ではなく

師匠が個人的に 発表会のために模索されてた山へ

いつも一緒についていっていたこと

この経験は 私の中に 今思うと大きなイメージの影響を与えてくれてる

そのときは分からなかったことが 30年40年たって

分かることがある






花を生ける時間は 無言で ただただ そのものと向き合う

これは小学生の自分には苦痛であった

でもそれでも 何が好きだったのか?

思い出せないが やめないで通っていたのだ


今 自分が写真をやっていて


構図や 色。。。。。多くのものが

この頃の影響があるように思える

日本の昔ながらの 茶道 華道 武道

実はとても深いものが あると思うのだ

是非とも 今のお母さん達 見直してみてほしい

そして 出来るなら 子供達に

触れさせてあげてもらいたいと

心から思うのだ



コメント
tariさん
お返事遅くなって ごめんなさい.
昨年の秋 河口湖の紅葉 私も近いくせにあまりいってないエリア。日本って 四季がちゃんとあるのが ほんまに味わい深いですね. まるで 一年とおして 一歩引いてみると 日本中が アートですね。 また、こりずにコメントくださいね。 今も 富士山の周りを 回られてるのでしょうか? 富士山も はまってしまいますよね。 きっとまた 撮影の何処かでお会いできる事でしょう。 ありがとうございます
  • haku
  • 2014/06/15 10:53 AM
おはようございます。昨秋紅葉の河口湖でお会いした者です。高校生で華道師範とはスゴいですね。だからこそ知らず意識せずとも今の写真アートに活かされているのでしょうね。○○道というもの、ボクも大事だと思います。書道とかも。禅寺でお茶いただいたりするとつくづくそう思います。
  • tari
  • 2014/06/10 9:31 AM
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

手書き文字

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM