兵庫篠山をめぐる旅行記3 丹波焼コース

  • 2015.12.01 Tuesday
  • 19:53
 
JUGEMテーマ:旅行

さて立杭の大登り窯を後にして篠山でも江戸の風情が残る

河原町のほうへ車で移動

立杭から車で20分くらいであろう

バスなどで回るには少しキツすぎる

(バスの本数もなく 立杭とは別の日に回られるのがいいかも?)

ここには丹波古陶館もあり お店が何軒も立ち並んでぶらぶらよりながら

歩くのは面白い



特に古陶館は 古くからの丹波焼きが詳しく並んでおり

陶器好きにはいい場所だ

そして何より京都の街中よりも ひとが少ない

これぞ味わえるもの。。。

あーーーどうか海外の旅行サイトに載らないで。。。なんて心から思う私






私みたいに好きな人はここはじっくり見る派なので

さらさらーーーと周り外に出る

私にとって美術館などは 一日かけてじっくり味わう場所で

たくさん情報を入れすぎると 何を見て何を感じたのか?忘れてしまうのだ

この河原町の通りは面白いものがまだ残っている




これ見てわかるだろうか?

私はたまたま ベトナムで体験していたのですぐわかったが

ここは昔 ガソリンスタンドだった




まだこうして面影を残してあるのがほっこりきた

街並みの看板も載せておくと







なかなか 歩くには面白い

そして食事処も 蕎麦屋さんからイタリアンと充実してる




思わず買って飲んでしまったこのサイダー





この日も11月というのに半袖でいいくらいの陽気で


王地山まけきらい稲荷へとむかう

この通りは初めて篠山に来た時も寄った






マンホールはその地のシンボルだ



さあクロさんもリュクにいれて 一緒におさんぽ


この赤い鳥居がいいものだ






足早に回るしかなかったこの丹波焼コースであったが


是非来られる方は ここのいいところは


時間がのんびり そうバスや移動時間ものんびり


それがここ篠山の味だと思う



最後に共に旅に付き合ってくれた


クロさんも載せて



(以前の写真も含まれて掲載しております)

さあ、まだまだ私の好きな篠山シリーズが続きます



コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

手書き文字

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM