篠山をめぐる旅行記2 丹波焼コース

  • 2015.12.01 Tuesday
  • 11:49
JUGEMテーマ:旅行
  立杭の里に行くと

多くの作家さんの作品が観れ 丹波焼の歴史もよく分かる

https://www.tanbayaki.com/about/process.html

サイトを貼っておく



中の庭を歩くだけでも楽しい

ここでお気に入りの作家さんを見つけて

それぞれの工房に向かってみる

今回は時間がなかったので二軒だけ気になるギャラリーへ



こちらは 信凛釜さん

http://nakaokanobuhito.com/

お店も日本家屋でオープンな空間で入りやすい

今回は中のガス釜や工房を見せてもらった




なかなかすごいぞーー

丁寧に一つづつ作られて こうして焼き釜に入れられ

出来上がるまで色味がわからないのも

惹かれるところかもしれない

こちらでは 自作の湯のみにお茶を出していただけるので

よりリアルに手触りや使い心地がわかって

お財布も緩んでしまうという私なのだ



この時期はこんなイチョウの見事な演出が

秋を楽しませてくれて

車で一緒に旅に出てる 我が家の黒猫のクロさんとも

美味しい空気を吸って 休憩






草の上に寝っ転がって



おやすみモード


つぎにお尋ねしたのは

ココチ舎さん

https://www.facebook.com/pages/%E3%82%B3%E3%82%B3%E3%83%81%E8%88%8E/208471269280496

(登り窯の火入れその後の 記事もアップされてます)

こちらは自作の陶器もある中 他の作家さんの木のスプーンや

皮の製品も オーナーのセンスで可愛く飾られている

市野さんという方だ



今回は写真も撮らせてもらい

この店のテーブルや椅子 飾り棚は廃校になった学校から

貰い受けてきたものでものすごくしっかりしている



思わずこのマグカップを手にしてみた

市野さんいわく 自分で究極に薄くして作ってみたとのこと


うーーーーんこれでビールは美味しいだろうな。。




秋の丹波立杭登窯  篠山市今田町を

急ぎ足で終えて車で 篠山市内の方へ移動し


丹波古陶館のほうへと移動をしたが

この立杭を訪れる方は是非とも

一日かけてのんびり 回ってみられるのをお勧めします

美味しいピザ屋さんや お蕎麦屋さんもあるし

日帰り温泉も

そして自分の波動とアンテナにピンとくる

作家さんと出会えるとおもいます







コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

手書き文字

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM