始まりから終わりまで ライブ編

  • 2017.05.22 Monday
  • 16:30

#madame edwarda #music #tokyo #japan

JUGEMテーマ:写真

 

今日は写真が多いですよ

 

昨年の秋にリュウマチが発覚して薬を飲んできた

 

リュウマチの薬というのは 初めに医者から 抗がん剤です と

 

はっきりと言われ

 

検査に行くたびに 薬の副作用の検査があるほどだった

 

感染しやすく 人ごみには出ないようにと言われ

 

生涯治りません なんて言われた暁には

 

まあ 落ち込みますね

 

色んな病院回って 知り合いのドクターにも相談

 

色んな治療法も調べていった

 

結論 今は勇気を持ってこの抗がん剤の薬を止めて

 

蜂の針の治療法だけで治していってる

 

おかげで 人ごみには出れる

 

手の腫れも痛みも薬飲んでた時より よくなってる

 

薬を飲んでたときは もう内の人のライブ撮影なんて到底出来ない。。。

 

もう無理なんだって 思っていた

 

体も疲れるし 人が多い

 

多分今回 一年以上ぶりに ライブに行けた

 

なんか以前とは自分の感覚は違って

 

またいつ この病気で自分はどうなるか?わからないと思った時に

 

しっかり撮っていたかった

 

そして 何よりも 彼が愛し相棒にしてるベースをテーマに

 

撮りたかったのだ

 

 

同じ場所から撮っていると

 

面白い物語が浮かんできたのだ

 

始まる前のカーテンの隙間から

 

そして演奏して

 

幕が閉じみんなが 楽屋に入っていくまで

 

このベースは どうしてるんだろう?

 

 

私の中で ここに立てかけられたベースとの会話が始まったのだ

 

今までこんな風に ベースと向き合ったことはなかった

 

ただ これが最後かも? 最後の撮影かも?

 

そう思うと 意識はベース君 きみという音を奏でる

 

楽器にいったのだ

 

 

ステージにベーシストが入りセッティングが始まり

 

いよいよ君の出番だ演奏へと

 

 

ドラムやギターベースとすべての音が奏でて

 

ボーカルが観客を巻き込んでいく

 

一時間ほどお客さんを楽しませ

 

このベースはまた 君がいるそこに置かれていく

 

 

演奏がアンコールのアンコールまで

 

そして君は そこにいた

 

さっきまで 奏でていた音 

 

まるで休息をとるかのように

 

自分で 後から 音楽は聴いてたのか?と思ったら

 

うーーーーーん???

 

私にはこのベース君 君の存在しか今回は残ってなかったのだ

 

また元気な体で撮影に行ける時を

 

自分の中で願っている

 

 

 

 

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

手書き文字

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM