ナポリ〜アマルフィ海岸へ

  • 2008.12.16 Tuesday
  • 17:31


さてさて、この南イタリア紀行の話はすごく飛んでしまったが・・・
ここでは代3・・・


ナポリ〜今回の一番の目的地  アマルフィへの船の旅が始まるのだ。

まったくもって地名すら知らなかった アマルフィ・・・

顔も見たことのない、フィレンチェに住む親切な方からのアドバイスを
まったくもって信じきって、向かった地である。
しかし、普通の観光客が行かないようなリーズナブルな  お店を教えてもらったり・・本当に信じるまま旅をしてよかったという地であった。

こういうのは何か?
不思議な感と言うか?見えないものに動かされてるときである。


ナポリ〜まずはこのローカルな船に乗るのに、港すらわからない。
うむ? 港までいく電車のチケットはどう買えばいいのか?

どうもナポリの駅の構内の日本で言う、キヨスクのようなところで売っていたのだ。これも、また買うのが大変でおじさん一人しかいないのに・・
イタリア人おばさんたちが、いろんな文句を言って並んでるのはまったく無視の状態で・・・

ここは。。。どう見ても自己主張するしかない・・・

えい!!

やっとの思いで港までのチケットは買えたが。
何せ、ナポリも道は全部石畳・・・トランクを引っ張るにはあまりに重労働。しかしやるしかない。

路面電車に乗るまで、どれだけ?
らりってる人に出くわしたり、狙われたりしたか?

昼間といえど・・・ナポリはやはり怖い。
私の経験上、NYはかわいいもの・・・マニラの次に恐怖を感じた街だ。

路面電車も何個かくるが・・・これもどれにのっていいのやら。

実はこのときは船の時間も調べてなく。
行き当たりばったり。

何個か電車は  パスして  少しすいてるのにやっと乗れた。

そして、運転手さんに目的地を伝えて、そこになったら教えてくれたのだ。


そこまでしていった港。


さてここからはどうやって、船のチケットを買うかだ?

真夏の暑い中・・・・
汗はだらだら・・・・

何個かあるチケット売り場から、やっと見つけた目的地へのチケット売り場。

しかし、次の便まで2時間近くある。

そう、港のカフェで私はビールを飲みながら待つことになった。

この港からの景色も、大きなふるいお城があったりで・・・
もう少し勇気があれば冒険したのだが。

船が出るまではこのビール1杯でここでゆっくりしたのだ。

そして写真は乗った船である。

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

手書き文字

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM