パマリカン島の最終話

  • 2009.05.25 Monday
  • 12:53


各部屋のコテージには こうして真っ白い砂に ハンモック。

はて15年は前のことか?ここへの旅は?
そうそう、このころのネガの写真を見ると  まだ 若き私は いけてましたね。

自分で言ってます。(笑い)

ここのコバルトブルーの海の色、そして真っ青な空、それはきっと小さな子供のDNAの中に残っていることだろう。

こんな美しい  海があることを。

既にこのころは、子供たちもシュノーケルはできるようになっていた。

まあこれも、私の子供を育てる中の 考えのひとつだったのだが。
地球の3分の2は水中。

この中を見せてやりたく、3歳から スイミングには行かせて 水になれるようにしていたのだ。

そう、こう水中の世界を 肌で知って欲しくて。

私はこのころ一眼で、何処に行くにも抱えていっていた。
もちろん、ネガで。

そう、早朝 5時ごろ一人でおきて島の反対に 電動カーで行き。そこから海岸までは歩いて・・・


まだ真っ暗な暗闇だった。

たった一人でその中行くのも、今思うと?? 冒険だな?


でも日の出の空が撮りたかった。

まるでその日は、何かに呼び起こされるように一人で向かった。


そして、海岸から空を撮影していたが、だんだん日が出てきて・・・

なのにシャッターが下りない。
何度やっても、下りないのだ。

私の目の前には美しい柔らかなピンクの世界が広がり始めた。

何十回もおした、シャッター。

この美しさを感じながら、幻想的な世界に一人ではいっていった。


そして、日本に帰って現像してみたら

たった一枚だけ、ものすごい  幻想的な空の写真が 本当に一枚だけあったのだ。

この現象も不思議でしょうがなかった。


その場所意外は普通にシャッターが切れたのに。

そこの空間では、こんな体験をしたのだ。


はて、こんな不思議体験のなかで 帰る日がちかづいてきた。


そそそそそ・・・
ここからがこの旅のどんでん返し。

帰る前の日くらいから、私だけの体に 変な湿疹が? いや何かに刺されたか?
これが時間がたつほど広がってきたのだ。

おかしい?

ホテルのマネージャーと話したら。
どうもはじめに説明してくれた、部屋の冷蔵庫にある薬をちゃんと海に出るときに使ったか?

と聞かれ、いや日本からもってきた 虫除けをつかっていたと。

どうも、海岸にいる小さな虫のようで?

私はそれにやられてしまったのだ。


そして帰るころはまだ平気だったものが、なんと帰国してすぐに頭の中から足の裏まで、体中が 痒いのだ。

赤いぽちぽちと。。。

とうぜん、すぐに病院へと走ったが、事情を話していろんな検査もしたが、
何の結果も出ない。

そう、まさに  はじめに言われた  大事なことを 守らなかった

私にどんでん返しは来たのだ。

子供には無く、私だけだったからまだ救われたが。




なんとも素敵な場所と、ホテルであったが


このどんでん返しで・・・

私の中から フィリピンが遠のいたのだ。


2年ほど前にセブに行くときも、この情報は 現地の人に逐一聞いたほどだ。



まあほんの、旅の中にも  楽しいことも まか不不思議なことも

てんこ盛りにはいっていたのだ。


これが旅の  面白さかもしれない。


さあ、これで  パマリカン島の 話は終えて  また気が向いたら

どこかの旅を書き残しておこう。


すばらしき  大自然に  「ありがとう」

そして、今でもこの美しき自然が 残されていますように。そう祈るばかりだ。

(写真は 自分のではないです)
コメント
まーさん>
はい。この一枚の写真は 宝物になっています。

幻想的な空間に たったひとり 立ちすくんで。


まあ、何処の旅を思い出して見てもこういうハプニングがあるものですね。

また、楽しみにしていてくださいね。
  • haku
  • 2009/05/26 7:39 PM
tetsurouさん>

あはは・・・このときに 空と私の中の 通過点があった気がしています。

しかし、まじめに自然はなめちゃーーーいかんですね。

また、秋谷の様子の合間に旅の日記を書きますね。
  • haku
  • 2009/05/26 7:37 PM
ここぞ〜ってところでシャッターが切れない、
ごく稀にありますね、そんなこと。
不思議としかいいようがないその瞬間、
心のフィルムに焼きつけろってことなのでしょうね。
その時の体験がきっと、今のHAKUさんの感性に
どこかで影響していることでしょう。

あらら、虫は怖いですよね〜。
自然を舐めちゃいけないってことですね。

また次なる旅のお話し、楽しみにしています。
そのシャッターがおりないっていうのも,
何とも不思議な体験だったですねぇ〜。
でも一枚だけ撮れてたのね。
正に 幻想的だったのでしょうね。。。
(きっとそれは,私の想像も超えてるんだろうなぁ。。。)

そして最後のかゆかゆは・・・(T_T)
そんな事もあるんだねぇ・・。

hakuさんもそして子どもさん達にも,
すごく思い出深い心に残る,体験となったことでしょうね。

そして若い頃のhakuさんも,今の♪hakuさんも
もちろんバッチシ! いけてるよぉ〜 (^_-)☆

  • まー
  • 2009/05/25 9:45 PM
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

手書き文字

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM