一人旅 パート7(NZ オーストラリア)

  • 2010.08.19 Thursday
  • 20:53
いや。。。。。。

今日、ただこのニュージーランド オーストラリアだけの旅の記憶を過去にさかのぼって読んでみたが、まあいとも簡単にこんな途中で
放置していました。。。

読まれていた方 申し訳ないって感じですね。

ごめんなさーーーい


ものすごい記憶をさかのぼって 唯一生きてる脳細胞で続きを書きますね。

※ここから読まれる方 これは10年以上も前の旅であり 自分が大学生のときにお金を貯めての初海外の一人旅のお話なのです。

♡♡。。。。。♡♡

クライストチャーチはかわいい教会がある街で
何処にいっても絵になる。。。
今思うと この時の写真って 私何処にあるんだろうか?
きっと、実家の納屋か?

ここからは またバスに乗ってミルフォードサウンドに向かったのだが、途中の何処の小さな街だか 1泊した記憶がある。
マウントクックには行かなかったが、この下の方の
氷河の湖の 見たことのない絵の具をたらしたような緑の色。。。

忘れられないな。。。

そして名前は分からないがまるでストックのような紫や黄色やピンクの花。




(写真は NZのものとは違い 夏の秋谷)

これらがバスに乗っていても 窓の景色でものすごく美しかった。

きっと、今私がカメラを持って旅したら 何ヶ月まで帰ってこないだろうか?
そう思うほど 綺麗な景色だった。。。

バスでミルフォードサウンドに向かって

やはり そこは真夏の季節とはいえ ものすごく寒く。
ジャンバーは必要だった。
今でも覚えてる 紅赤のジャンバーでそれでも寒かったことを。

ここでは船に乗り換えて このフィヨルド海岸の光景を見るツアーだかにでた。

初めて見るこの海岸の景色。

海から切り立つように山が ザクザクと。。。。
そして決してもときた入り江が分からないかのような この海岸線。

目の前には 岸辺にアザラシが普通にいる。。。

このときに 自分はどんだけ日本から遠い場所に来たのか?
感じたものだった。

この海から見るコースと 山の尾根を歩くトレッキングコースもあった。
またきっと それも行ったら感動したんだろうな。。。

そして、この船でなぜだか縁がありであったのが シドニーに住む夫婦だった。
ハネムーンにきていたこの二人と なぜだか私は仲が良くなり
その後 数ヶ月後にシドニーを訪れたときには こちらのお家におよばれしたのだ。

しかし、この頃は携帯電話もなく まあどうやってまめに移動中に連絡をしていたのか?
今から思うと不思議でならない。

その後の人生で フィヨルド海岸はきっとこの時が初めてだったろう。。。そして、今も。。。。

地球って 誠に 不思議でわくわくして 面白い。。。。

心の何処かを ぐぐぐ、、、、ってくすぐるところがあるのです。

ミルフォードにいたのは一日だったろう。。
ここでの滞在を終えて また私は性懲りもなくバスに身を委ねて
北上したのだ。

しかし、今だと全部飛行機で移動するだろうな。。。

そんなことも思いながら この国で買ったお土産は シープの敷物と毛糸だった。
まだこれから オーストラリアへの旅が始まると言うのによくもああ、敷物なんてかさ張るもの買ったこと。

ニュージーランドの至る所で 自分の色彩感覚はつけられた想いもする。
それほど、が  自然の色が お花から 山から 空から
お家から 何から何までかわいく 感動したこと。


コメント
onigiriさん

いやいや。。。大きな声でいえなかったのですが、10数年前じゃなくって20数年前なのよ。。笑い

まだ、敷物求めて ペルシャには行ってないよ。。最近は 羊の皮のスリッパ求めてモロッコに行きそうな衝動を止めてるけど。。

記憶が消える前に 旅の日記は残していこうと思います。全部かけるかな?
  • haku
  • 2010/08/23 8:47 AM
こんにちは
第二幕開演ですね。
時間とお金のゆとりが無いので、
空想の世界で拝読しています。
空気の乾燥、光の当たり方で同じ色でも
違って見えるんでしょうね。
それにしても敷物を購入とは・・・
hakuさんパワーは10数年前から
現在に息づいているんですね。
帰国まで”何?買うのか”楽しみですね。
??買う=cow??
まさかね・・・
  • onigiri
  • 2010/08/22 7:23 PM
tetsurouさん

ありがとう、読んでくれて。。

なかなか脳細胞が生きてなく 記憶をさかのぼるのが大変ですが。
この旅は 自分での初一人旅だから頑張って残していきますね。
これからはオーストラリアへでの旅に変わりますよ。
  • haku
  • 2010/08/21 5:47 PM
携帯電話もない大学生の頃の貧乏旅行だったからこそ、
可能になった異国での素晴らしい体験の数々、
今のhakuさんの中にしっかり息づいてますね〜。
夏の秋谷での写真と、イメージがぴったり重なります。
当時は大変な想いをされたのでしょうけど、
今となれば最高に素敵な宝物の思い出ですね。
続きをとっても楽しみにしています。
kozouさん
時間の流れがゆるいですか。。。
そうでしょうね。移動も全部バス。。
携帯もない時代に 手紙の文通だけで初めてのこの国の文通相手に会いにいく

今では考えれない ゆるーーーい時間の流れですね。

脳細胞活性して これからやっとオーストラリア上陸を書きますね。
  • haku
  • 2010/08/20 7:53 AM
hakuさん こんばんは。

NZの旅日記、いいですね〜
今と違って、時間がゆっくりと流れているようです。

こんな時代に出合った人とのご縁もまた
格別でしょうね! 今の時代もまた良いですけれどね。

その時の情景が浮かんでくるようで、
拝読していて気持ちが、良い意味でゆる〜く
させていただきました!

どうもありがとうございます。
  • kozou
  • 2010/08/19 11:54 PM
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

手書き文字

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM